インボイス制度開始で必要になる適格請求書

Category:
Author: Kensaku Kimura
投稿日: 2023-01-10
更新日: 2023-01-17

適格請求書の背景

2023年の今年からいよいよインボイス制度が日本で開始されます。

事業者にとっては負担(時間・システム導入のコストなど)が大幅に増えるだけでいいことはほぼありませんが、インボイス制度は待ったなしです。

簡単にインボイス制度のおさらいをします。

  1. 2023年10月1日からは適格請求書を顧客に送付することになります
  2. 適格請求書は適格請求書発行事業者しか使用できません
  3. 適格請求書発行事業になるためには2023年3月31日までに登録申請しなければなりません

適格請求書の使用は必須ではありません。

しかし、事業者が顧客から受け取った消費税から事業者が自ら支払った消費税を控除する(仕入税額控除)ための要件となりました。

したがって、多くのケースで顧客から適格請求書を発行してほしいと頼まれることになると思われます。

 

適格請求書には必須のフォーマットはあるのか?

決まったフォーマットはありません。(ソース:インボイス制度に関するFAQ

また、適格請求書として必要な項目が記載されていれば書類の名称も問いません。

次のような名称でも要件さえ満たせば適格請求書となるわけです:

  • 請求書
  • 納品書
  • 領収書
  • レシート等

 

適格請求書に記載しなければならない項目は?

適格請求書に記載しなければならない項目は以下のとおりです:

  1. 適格請求書発行事業者の氏名又は名称及び登録番号
  2. 課税資産の譲渡等を行った年月日(※)
  3. 課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容(課税資産の譲渡等が軽減対象資産の譲 渡等である場合には、資産の内容及び軽減対象資産の譲渡等である旨)
  4. 課税資産の譲渡等の税抜価額又は税込価額を税率ごとに区分して合計した金額及ひ適用税率
  5. 税率ごとに区分した消費税額等
  6. 書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称

※ 課税期間の範囲内で一定の期間内に行った課税資産の譲渡等につき適格請求書をまとめて作成する場合には、当該一定の期間を記載することができます。

すでに使用されている請求書でほとんどの項目はカバーされていると思います。

多くの場合、追加の作業としては登録番号の記載と思われます。

 

適格請求書のサンプル

適格請求書のテンプレートをGoogle Sheetsを使って作成しました。

英語版と日本語版があります。

(2023年1月17日更新:ドル建てバージョン(英語)を追加しました)

そのうちビットコイン版も作ります!

下のリンクからGoogle Sheetsに飛びましたら別のファイルに複製をして自由に使えます。

エクセル形式でもダウンロードして使えますが、数式が一部壊れます。

JCT Qualified Invoice Sample

 

この記事が役に立ったら他の人にもシェアしてください!

Kensaku Kimura

Kensaku Kimura

CryptoGain

cg-demo-screens
クリプトの損益を楽しく分析!
ついでにファイナンスの勉強も!

無料アカウント作成

BlockChainJam Podcast

クリプト、ブロックチェーンの話題をポッドキャストで配信中

ポッドキャストを聴く

Recent Posts